概要

TeraScan®ソフトウェアでは、リモートセンシングに関する様々な機能を内包しています。ここでは軌道情報により計算した衛星の軌道図を、画像ファイルにて作成する方法をご紹介します。

処理の手順
1.Masterファイル(画像範囲のひな形ファイル)を作成します。
$ master
output file : char(255) ? [Master]
projection : char( 14) ? rectangular
center_lat : char( 15) ? 35n
center_lon : char( 15) ? 140e
num_lines : int ? 1024
num_samples : int ? 1024
pixel_width : real ? [1.1132] 6
pixel_height : real ? [1.1132] 6
rotate_angle : real ? [0]
move_center : char( 3) ? [no]

出力ファイル名はMaster, 地図投影図法はrectangular, 中心の緯度経度は北緯35度, 東経140度, 縦横のサイズは1024×1024ピクセル, 中心ピクセルの分解能は1ピクセル縦横6kmで作成します。

2.orbitコマンドにて軌道図のメタファイルを作成します。
$ orbit line_color=128
output file : char(255) ? Orbit
master_file : char(255) ? [Master]
satellite : char( 10) ? npp
sensor : char( 5) ? [viirs]
pass_date : char( 15) ? [2018/11/02] 2018/11/01
start_time : char( 15) ? 03:17:10
duration : char( 15) ? [00:12:00] 15:40

NPP衛星の2018/11/01 03:17:10(UTC)から15分40秒間の受信について、軌道図のメタファイルを作成しています。line_colorオプションでは、以後のコマンドで軌道図に指定の色を付けるため、指定の番号を付与します。

3.軌道図のみでは分かりにくいので、海岸線と緯度経度線のメタファイルも作成します。
$ coast
output file : char(255) ? [Coast]
master_file : char(255) ? [Master]
reduce_factor : int ? [1]
coast_file : char(255) ? [wdb2.cil] wvsplus.coast
$ llgrid label=yes
output file : char(255) ? [Grid]
master_file : char(255) ? [Master]
grid_type : char( 7) ? [lines]
delta_lat : real ? [1] 5
delta_lon : real ? [1] 5

海岸線はwvsplus(World Vector Shoreline Plus)の情報を指定します。緯度経度線は5度間隔で作成します。

4.xinjectコマンドにて、Masterファイルに海岸線,緯度経度線,軌道図をオーバーレイします。
$ xinject
in/out files : char(255) ? Master Coast Grid Orbit orbit_image.tdf
bg_var_name : char( 31) ? master
colors_per : int ? [1]
meta_colors : real( 3) ? 253 253 128
line_widths : int ( 3) ? [1 1 1]
line_types : char( 23) ? [solid solid solid]
marker_types : char( 5) ? [+ + +]
marker_sizes : int ( 3) ? [15 15 15]
image_colors : int ? [216] 254

オーバーレイする際は、画像の背景になるデータを選択した後、重ねる順(画像の下になる順)からメタファイルを指定します。

5.expimコマンドにて、オーバーレイしたファイルを画像として出力します。
$ expim
in/out files : char(255) ? orbit_image.tdf orbit_image.png
image_format : char( 10) ? [postscript] png
image_var : char(255) ? master
image_colors : int ? [216] 254
color_palette : char(255) ? white-black
draw_indexes : int (255) ? [] 128
draw_names : char( 31) ? red

軌道図のメタファイルに指定した128番には赤を使用することを指定します。

作成された画像が以下のファイルです。
orbit_image.png