概要

TeraScan®ソフトウェアでは、さまざまなデータの入力に対応しています。次の手順では一般的なアスキーデータ(テキストデータ)の衛星データをインポートし、画像化する方法をご説明します。

処理の手順
1.対象のアスキーデータを用意します。以下のデータをサンプルとして使用します。
159.989 21.5975 28.5
159.984 21.5164 28.47
159.979 21.4353 28.44
159.976 21.3541 28.43
159.962 21.6864 28.45

sample_ascii.txt
サンプルデータの各行には、[東経 北緯 水温]の情報が保存されています。

2.impascコマンドにてアスキーデータをTDF(TeraScan Data Format)に変換します。
$ impasc
in/out files : char(255) ? sample_ascii.txt sample_ascii.tdf
dim_sizes : int ( 3) ? 128603
dim_names : char( 31) ? [points]
var_names : char(255) ? longitude latitude sst
var_units : char( 95) ? [- - - ]
var_types : char( 47) ? float float float
var_badvals : real( 3) ? [0 0 0] -999 -999 -999
start_fields : int ( 3) ? [1^3]
fields_per_var : int ? [1]
delimeter : char( 1) ? []
sample_ascii.txt: 128603/128603 complete lines found

dim_sizeにはアスキーデータファイルの行数を指定します。
var_namesでは取り込むデータにデータ名(variable)を付与します。

3.imgridコマンドにて、longitudeとlatitudeのvariableを利用して、地図に投影します。
$ imgrid
in/out files : char(255) ? sample_ascii.tdf sample_ascii.tdf.grid
master_file : char(255) ? [Master]
grid_spacing : int ? [1] 3
search_radius : int ? [30] 3
wt_power : int ? [2] 1
z_variable : char(255) ? sst
z_index : int ? [1]

master_fileには、あらかじめ作成したMasterファイル(TeraScanにおける画像サイズや地図投影図法を指定したひな形のファイル)を指定します。

4.quicklookスクリプトにて簡易画像化します。
$ quicklook variable=sst palette=hsl256.fish wedge=top master=Master sample_ascii.tdf.grid sample_ascii.jpg

作成された画像が以下のファイルです。
sample_ascii.jpg