概要

HimawariCloudシステムは、ランドラインにて配信されるHSD(Himawari Standard Data)フォーマットのデータを処理することができるシステムで、インターネットから取得したHSDデータを自動的に処理し、16チャンネルのデータから各種プロダクトデータを作成することができます。

HimawariCastシステムは、2.4mパラボラアンテナにてHRIT/LRITデータを受信するシステムで、DVB-S2受信機によりひまわり8号からのデータをリアルタイムに受信します。HimawariCloudよりも可視チャンネルが2チャンネル省かれており、画像の分解能も半分になっていますが、その分データを軽量に取り扱うことができます。

機能

  • TeraScan®による高度な処理機能が利用できます。
  • 16チャンネルのHSDデータ処理に対応しています。(HimawariCloudオプションが必要です)
  • 14チャンネルのHRIT/5チャンネルのLRITデータ処理に対応しています。(HimawariCastオプションが必要です)
  • データの切り出しや地図投影、画像合成、画像演算を容易に行うことができます。
  • 受信したデータをTeraScan®のみで解析処理,記録,画像作成、ローカル配信までを行うことができます。
  • HimawariCastシステムは,24時間365日無人にて自動受信が可能です。
出力プロダクト
  • Contrails and deep convective clouds
  • Microphysical RGB composites for convection, dust, fog, and true-color
  • Cloud products (height, temperature, pressure)
  • Cloud Motion Vectors (Cloud winds)
  • Fog/lowcloud
  • AirMass product
  • Rain Rate
  • Dust
  • Fire hotspots
サンプルデータ

以下の画像は、ひまわり標準データ(HSD:Himawari Standard Data)をTeraScan®にて処理し、作成したものです。
リンクをクリックすると実際の解像度の画像が表示されます。ファイルサイズが大きいものがありますのでご注意ください。ダウンロードして画像ビューワ等で閲覧することをお勧めします。


Channel 1
(PNG: 11000×11000 71.25MB)

Channel 2
(PNG: 11000×11000 73.43MB)

Channel 3
(PNG: 22000×22000 294.12MB)

Channel 4
(PNG: 11000×11000 79.96MB)

Channel 5
(PNG: 5500×5500 19.72MB)

Channel 6
(PNG: 5500×5500 19.84MB)

Channel 7
(PNG: 5500×5500 18.88MB)

Channel 8
(PNG: 5500×5500 12.64MB)

Channel 9
(PNG: 5500×5500 14.27MB)

Channel 10
(PNG: 5500×5500 14.92MB)

Channel 11
(PNG: 5500×5500 17.85MB)

Channel 12
(PNG: 5500×5500 15.93MB)

Channel 13
(PNG: 5500×5500 17.74MB)

Channel 14
(PNG: 5500×5500 17.64MB)

Channel 15
(PNG: 5500×5500 17.63MB)

Channel 16
(PNG: 5500×5500 18.12MB)

トゥルーカラーRGB合成
R:ch3 G:ch2 B:ch1
(PNG: 11000×11000 121.59MB)

ナチュラルカラーRGB合成
R:ch5 G:ch4 B:ch3
(PNG: 5500×5500 34.08MB)

直交座標に変換したChannel 13
(PNG: 4400×4400 8.99MB)

日本周辺を切り出したChannel 4
(PNG: 4400×4400 13.73MB)
(アスキー形式: 133.51MB)