日本舶用エレクトロニクス株式会社の横浜本社で就業する従業員1名が、

新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、陽性であることが4月23日(金)に判明しました。

症状は軽症で、所轄保健所の指示のもと、4月24日(土)より隔離施設で療養中です。

 

当該者は4月21日(水)に発熱の症状があり、4月22日(木)にPCR検査を実施し、

4月23日(金)に陽性と判定されました。

なお当該者は4月22日(木)以降、自宅待機として出社はしておりません。

 

当社では本件を受け、従業員およびそのご家族の安全と健康確保を最優先とし、

以下の通り所轄保健所と連携のうえ感染拡大の抑止に取り組んで参ります。

 

・当該者の行動履歴をもとに、濃厚接触者の調査・特定

・濃厚接触者とその疑いのある従業員には4月22日(木)より当面自宅待機を指示

・自宅待機者を対象に体温測定など健康観察と報告の徹底

・当該者の職場および共有スペースなどの消毒作業を実施

 

当社ではこれまで、お客様と従業員およびそのご家族の健康と安全確保を最優先に考え、

従業員の検温の実施、マスクの着用、手指のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保などの

対策を行ってまいりましたが、本件を受け、感染症予防をさらに徹底して参ります。

皆様にはご迷惑とご心配をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

4月24日(土)

代表取締役社長  林 安男