概要

Suomi NPPに対応したSeaSpace社製TeraScan®ソフトウェアの機能を紹介します。TeraScan®は受信から処理まで、RawデータからLevel2データまでを一貫して自動的に処理することができる統合リモートセンシングソリューションです。TeraScan®のNPPに対応した処理は、地上設備にて直接受信したRawデータや、NOAA CLASS 等より取得したLevel1Bデータを処理することができます。NPPのデータ処理は、ファイルサイズが大きく非常に時間が掛かるため、SeaSpace社のT-REX™システム(TeraScan® Rapid Environmental X-treme processor)を利用されることをお勧めします。

機能
  • T-REX™を組み合わせて、いずれの地上設備にて受信したCADUまたはLevel 0 HDF5ファイルを処理できます。
  • NOAA CLASSの補正済みLevel 1 SDRデータの入力に対応しています。
  • quicklook viewerにて処理をモニタリングできます。
  • TDF, HDF5, JPEG, GeoTiffなどTeraScan®にてサポートしているフォーマットにてデータを出力できます。
  • 購入後1年間の保守サポートがあり、ソフトウェアのアップグレードやお問い合わせに対応いたします。またその後の年間保守契約もございます。
  • VIIRS, ATMS, CrISセンサーのデータ処理に対応しています。
出力プロダクト

VIIRSプロダクト

  • Level 0 ( 22チャンネル)
  • Level 1B (22チャンネル)
  • Sea Surface Temperature(SST)
  • Ocean Color(Chl)
  • Day Night Band
  • Active Fires
  • NDVI

ATMSプロダクト

  • Level 0(22チャンネル)
  • Level1B(22チャンネル)
  • 地図投影済み輝度温度データ

CrISプロダクト

  • Atmospheric temperature [K](101気圧レベル)
  • Atmospheric ozone [ppmv](101気圧レベル)
  • Atmospheric relative humidity [%](101気圧レベル)
  • Atmospheric dew point temperature [K](101気圧レベル)
  • Surface skin temperature [K]
  • Surface emissivity at instrument spectral resolution [cm-1]
  • Total precipitable water (vertically integrated from 100 hPa to surface) [cm]
  • Precipitable water 1 (vertically integrated from 900 hPa to surface) [cm]
  • Precipitable water 2 (vertically integrated from 700 to 900 hPa) [cm]
  • Precipitable water 3 (vertically integrated from 300 to 700 hPa) [cm]
  • Total ozone amount (vertically integrated) [dobson units]
  • Lifted index [deg C]
  • Convective available potential energy [J/kg]
  • CO2 amount [ppmv]
  • Cloud top pressure [hPa]
  • Cloud top temperature [K]
  • Cloud optical thickness
  • Effective Cloud emissivity
  • Cloud mask [0 clear, 1 cloud]