NOAA/METOP/COMS衛星受信解析装置

米SeaSpace社TeraScan®システムによるNOAA/METOP/COMS衛星受信装置です。陸上への設置と、船舶への搭載の両方に対応しています。静止衛星はCOMSのほか、GOES,MSGなどのLRIT信号にも対応しています。

詳細はSeaSpace社ホームページをご確認ください。

概要

1.5m TeraScan®システムは、1.8m径レドームに1.5m径アンテナリフレクタを3軸のポジショナに搭載したシステムです。レドームは、重量とモーメントを最小限に抑えるようFRP製で軽量になっており、設置場所の準備要件に用意に合致します。

レドームは低損失でインピーダンスマッチングされており、RF性能を犠牲にすることなく、極限環境での動作を可能にします。各アンテナシステムは、3軸により常にバランスがとれており、がたつきはありません。レドームにより風雨の影響がないため、アンテナの駆動速度や加速度を低く保つことができ、ポインティングやトラッキングのエラーが発生しにくくなっています。

1.5m TeraScan®システムは、L-Band, S-Bandもサポートしています。

特長
  • 高いトラッキング精度。
  • 低速,低加速にて駆動。
  • キーホール無し。すべて仰角にて受信可能。仰角(Elevation),方位角(Azimuth),傾き(Cross-Elevation)を考慮したトラッキング。
  • 自動的にバランスのとれた姿勢制御。
  • 低損失なレドーム。
  • 統合されたトラッキングレシーバ。
  • パルス幅変調(PWM)サーボ制御システム。
受信システムの仕様
  • オペレーティングシステム: Linux (RHEL and CentOS)
  • 入力信号レベル:-90 ~ -50 dBm
  • 入力周波数: 126-154 MHz
  • 変調方式: BPSK, PSK
  • 対応テレメトリ: NOAA HRPT, SeaWiFS SWHRPT, FY-1D CHRPT, METOP AHRPT, COMS LRIT など
  • 対応伝送路符号: NRZ, NRZ-S, NRZ-M, Biphase-L